こだわり

田はたのこだわり

遊膳人 田はたのホームページをご覧いただきありがとうございます。

食材へのこだわり、空間へのこだわり……。
お越しくださったお客様に喜んでいただくために、料理人自身が市場へ足を運び、新鮮で質の良い食材を入手。
厳選したお野菜や天然魚などを使用しております。それらが滋味深い味わいになるからです。

料理人である田畑は、20年間の修行を経て素材を活かす料理技術を習得。
日本料理の伝統を踏襲しつつも、目で見て楽しく・食べて美味しく・身体が喜ぶ懐石料理をご提供いたします。
ここでしか味わえないひとときを、どうぞお楽しみください。

本物の食材にこそ感動がある

遊膳人 田はたでは、食材にこだわりを持ってお料理をお出ししております。
厳選したお野菜や天然魚などを使用しております。
それらが滋味深い味わいになるからです。

食材そのものの味を大切にし、引き立たせることで、食材への感動をお伝えできればと思います。
それが当店のお料理の根幹にある考え方です。

そういったお料理を出すうえで、新鮮な食材を仕入れることは欠かせません。
だからこそ料理人自身が市場へ足を運び、鮮度・質の良い食材を仕入れています。
また、八百屋や魚屋と顔なじみになることで、普段手に入りにくい食材に出会うこともしばしば。
そのような食材をお料理としてお出しできるのは、料理人冥利に尽きるというもの。

ここでしか食べることのできないお料理を、みなさまにご提供いたします。

お客様の“楽しみ方”に合わせた空間作り

オフィス街である肥後橋駅にほど近い当店には、接待で利用されるお客様がよくいらっしゃいます。
大切なお話をされている方もいらっしゃるでしょうから、お料理のご説明やお出しするタイミングには十分気を配り、お客様との適切な距離感を大切にした「落ち着いて楽しめる空間」をご提供。

また、せっかくご予約いただいたお客様ですから、お料理を最大限楽しんでいただきたいという想いを持っておもてなしをさせていただいております。
食材の鮮度はもちろん、火加減や湯加減に注意し、どのようなお料理でも一番良い状態でお出しできるよう、お食事の進み具合などを見ながらお作りしております。

落ち着いた空間で、特別なお料理とひとときをお楽しみください。

ただ美味しいだけでなく、身体も喜ぶ会席料理を

食材には人一倍こだわっている当店。
良い状態のものをただお出しするのではなく、お料理全体のバランスを考えた会席料理を味わっていただくことを大切にしています。

肉や魚といった動物性の食材、野菜などの植物性の食材、どちらにもミネラルが含まれています。
このミネラルは酸性とアルカリ性で分類することができ、肉や魚は酸性、野菜はアルカリ性であると言われています。

そしてこの二種のミネラルを偏って摂るのではなく、両方をバランスよく摂ることが重要。
野菜と肉、野菜と魚といったように、健康をベースにした食べ合わせに配慮することが「食育」であると考えています。

植物性と動物性の融合、これを会席料理で表現すること。
味覚だけではなく、身体の中から「美味しい」と感じるお料理を当店でお楽しみください。

料理人ご紹介


田畑 隆志 (たばた たかし)

1977年、愛知県で生まれる。
小学生の頃に初めて体験した本格的な日本料理のしつらえや味付けに感銘を受け、料理の道を志す。
辻調理師専門学校を卒業後は、名古屋の【日本料理 加瀬】や【名古屋マリオットホテル】といった日本料理の名店で20年間修業に励む。
そして2018年、「日本の『食育』という文化を盛り込んだ懐石料理」をコンセプトに据え、【遊膳人 田はた】を開店。
日本料理の伝統を踏襲しつつ、食材のバランスにも気を配り、身体も喜ぶ懐石料理を提供している。